Powerbeats Pro+Apple Watchでワークアウトが捗る!!

表題の通りのブログエントリですが、Powerbeats ProとApple Watchの組み合わせは、スマホを置いた状態でランニングに行けて便利というお話。

Powerbeats ProはApple傘下の「Beats」社から発売されたワイヤレスイヤホン(2019年7月発売)。

ざっくりとした特徴は以下の通り

・Apple H1チップ搭載でApple製品での接続切り替えがスムーズ(ここ重要)

・ノイキャンなどの特別な機能は搭載されていない

・音に関しては普通

・イヤーフックのおかげで運動中も耳から外れない(ここ重要)

・イヤーフックとマスクのゴムが干渉し、マスクの脱着に少し時間がかかる

・バッテリーはかなり持つ

・ケースはかなりでかい

定価は27,280円だが発売からかなり時間が経っているので、通販サイトなどでは12,000円ほどで買えるところも。

長所と短所がはっきりした製品ではあるが、便利なH1チップ搭載製品でタフな運動にも耐えうるイヤホンがPowerbeats Proしかないため、唯一無二のラインナップ感すらある。

そんなPowerbeats ProはApple Watchと簡単に接続ができる。

接続することで、スマホを経由することなくApple Watchの音楽再生を楽しむことができる。

私が現在愛用しているスマホはiPhone 12 Pro MAX。単体で重量が200gオーバーの重量モデルで、ランニングの際にポケットに入れたくない重さだ。

そのため「スマホ無しで音楽を楽しめる」この組み合わせはかなり便利だと感じる。

また、Apple Watchには電子マネー決済を設定しているため、ランニングの途中でコンビニに駆け込んで水分補給することもできる。

私のApple Watchはセルラーモデルのため、音楽のストリーミングにも対応しているが、ワークアウト中に聞きたい曲はある程度決まっているため、あらかじめダウンロードを行っている。

Spotifyの場合は、スマホアプリから設定の「…」ボタン、「Apple Watchにダウンロード」で取り込むことができる。

この使い方・用途がハマる人は、安くなっているしPowerbeats Proを今からでも買うのはありだと思う。

ということで、このセットでもうしばらくワークアウトに励みたいと思う。

関連記事