【レビュー】iPhone XRは私には合いませんでした…

Appleが2018年に発表したiPhoneは過去最多となる3機種。
その中でも、カラバリ6色の派生モデル「iPhone XR」を購入して使っています。

王道路線のiPhone XS/XS Maxと比較するとディプレイスペックが少し落ちたり、TouchIDがオミットされていたり、「廉価版」としての作りが随所に見られる一台。ズーム側のレンズもないので、シングルレンズです。

その一方で、一番大事なチップセットは「A12 Bionic」と上位モデルと共通。
スマホとしての基本性能に大きな差は出ないはず…そう思っていました。

実際に使ってみると、意外な落とし穴が

ところがどっこい、使ってみるとなんだか気持ちが悪い。
スマートフォンとしてのレスポンス・使い心地・安定感などはいつもどおりのiPhoneで不満がないはずが…

iPhone 7 Plus、iPhone Xとこれまで使ってきたiPhoneと比較してみると理由がなんとなく分かりました。

本当に僅かな差なのですが、iPhone XRはこれまで使ってきたiPhoneよりも「重く」「厚い」のです。

約1mm、約数十gの差なのですが、手に持った時の収まりが悪い。
なんだか、しっくりこない。

これは「iPhone XRの作りが悪い」というよりも、本当に人それぞれのフィーリングの問題です。ましてや購入前に店頭で少し触ったくらいでは、気がつきにくいから厄介です。
(Apple製品発売日に買う時なんて触りもしませんからね)

毎日触って使うものだから、手への収まりはとても大事。
おそらく近いうち、iPhone XS辺りに買い換えるかもしれません。

2018-12-21 | Posted in iPhone, スマートフォン, レビューNo Comments » 

関連記事

Comment





Comment



%d人のブロガーが「いいね」をつけました。